合唱指導者のご紹介

合唱指導:渡辺 祐介


東京藝術大学音楽学部卒業、同大学院修了。黒田博、多田羅迪夫の両氏に師事。その後2008年より2011年までオランダのデン・ハーグ王立音楽院古楽科に留学、 ペーター・コーイ、マイケル・チャンス、ジル・フェルドマン、リタ・ダムスの諸氏のもとで研鑽を積む。その間2009年9月にオランダのエンスヘーデで行われたサッカー日本代表とオランダ代表の親善試合では、特に指名されて国歌《君が代》を独唱した。帰国後は、2013年1月に世界初演された三枝成彰氏の新作オペラ《KAMIKAZE》に特攻隊員役で出演、金昌国氏指揮のアンサンブル of トウキョウによる ベートーヴェン《交響曲第9番》にソリストとして招聘され、また栗山文昭氏指揮の栗友会合唱団の公演ヘンデル《メサイア》、フォーレ《レクイエム》にソリストとして招かれる等、活躍の場を拡げる。2018年秋にはバロック・ヴァイオリン奏者の寺神戸亮氏指揮によるモンテヴェルディの歌劇《オルフェーオ》(カロンテ役)、同《ウリッセの帰還》(ネットゥーノ役) に続けて出演し、その圧倒的な美声が絶賛を博した。
2002年4月より鈴木雅明氏の主宰するバッハ・コレギウム・ジャパンのメンバー。2017年10月「カントゥス・エーブリウス」を創設し、バッハの教会カンタータ全曲演奏プロジェクトを開始。またバロック・チェロ奏者の山本徹氏、バロック・オーボエ奏者の三宮正満氏らと共に、国内外の若手オリジナル楽器奏者を結集して「オルケストル・アヴァン=ギャルド L’orchestre d’avant-garde」を創設して音楽監督に就任し、2019年2月にベートーヴェンの全交響曲、全協奏曲の演奏を目標に活動を開始、トッパンホールにて行われた旗揚げ公演は各方面より絶賛を博した。 現在マヨラ・カナームス東京音楽監督、東京ムジーククライス常任指揮者、Coro Libero Classicoメンバー。

関連記事

  1. 「ナブッコ」出演者のご紹介―7月8日(日)

  2. 振付家のご紹介

  3. 指揮者・演出家のご紹介

  4. 「ナブッコ」出演者のご紹介―7月7日(土)

PAGE TOP