第6回公演「ナブッコ」御礼

おかげさまで、第6回公演「ナブッコ」は、大好評のうちに幕を閉じることができました。
ご来場いただきました皆様、関係者の皆様には、心より御礼申し上げます。

次回は、2019年10月19・20日に、同じくTHEATRE1010にて、G.ヴェルディのオペラ作品を上演いたします。
引き続き、ご声援のほど、よろしくお願い申し上げます。

「ナブッコ」公演でお客さまからお寄せいただいた感想の一部を以下にご紹介いたします。

ご来場いただいたお客様からの声

感動しました。このひと言に尽きます。
キャストを拝見するとよくぞここまでと言ったメンバーが揃っていますし、ヴェルディを物の見事に表現してくださる山島マエストロ率いるオケもますます磨きがかかり期待以上でした。何しろソリストもコーラスもオケも山島マエストロのテンポ感にぴったりで気分良いことこの上なしでした。ヴェルディファン必見のオペラ団体です。
どのシーンも美しく芸術的。斬新な演出。言葉にこだわりがあってそれを視覚的に表現している。木澤氏の演出にはヨーロッパの演出家のような感性がある。このレベルの市井の公演では普通見られない高みにある。
特に照明はこれほどのものはかつて出会ったことがないとも思えるほど。場面によってはそのあまりの美しさ、神々しさに感動すらありました。
素晴らしいオペラでした。オーケストラのまとまりが良く、在京プロオケに負けていません。あの値段では、本当に感動モノでした。
オケも歌も演出も照明も全て、すごく良かったです。周りの観客もすごく感激していることが窺えました。8歳の子供も三時間興味深く観ていました。子供心にも「良きもの」は分かるのだと思います。
初めてのオペラ鑑賞でしたが、オーケストラと歌声に圧倒され感激いたしました。モダンな舞台も素敵でした。最初のプレトークもわかりやすかったです。
あっという間に時が過ぎました。私達夫婦でいつも世の中のことを話しているのですが、同じようなことをオペラで問題提起をしていることに感動しました。
何となく敬遠していたオペラ、だったのですが、ホントに期待をはるかに上回りました!!「本物」であるところがよいですね。また行きたいと強く思いました。
人間の声というものに感動しました。
二名の女性キャストの性格上の対比が良く演出されていました。
ソリストはもちろんですが、合唱団の歌声に魅了されました。冒頭の合唱から素晴らしく、このオペラ全体の力強さを暗示させてくれました。
第三幕の合唱に入った途端に、平穏な気持ちになれました。いろいろと暗いことがある今の世の中ゆえに。
場面転換、照明が効果的でした。照明、舞台、ダンスも素敵!モダンで好みです。
パンフレットの人物相関図は有り難いですね!友人達も分かりやすくて親切だと喜んでいました。
本格的なオペラを身近で観られてよかった。
会場の大きさが演奏者や出演者と近くてよかったです。また来たくなりました。
生演奏の迫力や役者さんの息遣いなどを間近で感じる事ができ、感動も増幅されました。
素晴らしい上演でした。これだけの公演を企画実現されていることに敬意を表します。運営上の困難も多いと推察しますが、これからもよいオペラを私たちに紹介してください。できる限り応援したいと思います。

 

関連記事

  1. 平成29年度 日本照明家協会 優秀賞 受賞

  2. アーリドラーテ 友の会 発足のご案内

  3. 「ナブッコ」出演者のご紹介―7月7日(土)

  4. 第6回公演「ナブッコ」ーチケット販売・当日券について

  5. 「ナブッコ」出演者のご紹介―7月8日(日)

PAGE TOP