「ナブッコ」出演者のご紹介―7月7日(土)

大川 博 (ナブッコ)
国立音楽大学声楽学科卒業、同大学院音楽研究科声楽専攻修了。二期会オペラ研修所マスタークラス修了。修了時に優秀賞を受賞。さわかみオペラ芸術振興一般財団法人の助成にてイタリア・トリエステに留学。トリエステ歌劇場2017-2018シーズンプログラムコンサート、トリエステ歌劇場公演《エフゲニー・オネーギン》中隊長役、宮崎国際音楽祭《トスカ》堂守役、サイトウキネン《火刑台上のジャンヌダルク》カヴァーキャスト等、約60のオペラに出演。二期会会員。

青栁 素晴 (イズマエーレ)
国立音楽大学卒業。ベルリンに留学。「カヴァレリア・ルスティカーナ」のトゥリッドゥ、「オテロ」「タンホイザー」「パルジファル」のタイトルロール等を歌う。「大地の歌」「第九」などで数々のオーケストラと共演。アチーブメントプロデュース専属歌手。東京メトロポリタンオペラ理事。
アチーブメントホームページ https://achievement.co.jp/produce/
個人ホームページ  http://aoyagi-m.com/
(写真:@Zentsu Eguchi)

清水 那由太 (ザッカリーア)
東京藝術大学大学院修士課程オペラ専攻修了。オペラでは東京二期会公演『イル・トロヴァトーレ』フェランド、同『トリスタンとイゾルデ』マルケ王、神奈川県民ホール主催『魔笛』ザラストロ、日生劇場主催公演『ルサルカ』水の精はじめ他多数の公演に出演。コンサートでは、モーツァルト『レクイエム』、ベートーヴェン『第九』、ブルックナー『テ・デウム』(飯守泰次郎指揮)等のソリストを務め、それぞれ好評を博す。第84回日本音楽コンクール入選。二期会会員。
(写真:@井村重人)

鈴木 麻里子 (アビガイッレ)
東京音楽大学大学院修了。第49回日伊声楽コンコルソ入選。第26回奏楽堂日本歌曲コンクール第2位。日生オペラ「魔笛」夜の女王、沼尻竜典&TMP「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・アンナ、二期会「パルジファル」花の乙女、「フィガロの結婚」伯爵夫人、「道化師」ネッダ等オペラに出演。群馬交響楽団創立70周年記念オペラ「蝶々夫人」タイトルロールを務め好評を得る。企業メセナ群馬・上毛新聞社より芸術文化奨励賞受賞。二期会会員。

栗田 真帆 (フェネーナ)
東京藝術大学卒業。聖徳大学大学院博士前期課程修了。これまでに「ヘンゼルとグレーテル」や「ラ・チェネレントラ」の題名役、 ヘンデル「メサイア」やモーツァルト「ハ短調ミサ」等のソロを務める。皇宮警察音楽隊60周年記念演奏会では両陛下および皇族方御臨席のもと歌唱。当団には「ドン・カルロ」「イル・トロヴァトーレ」に続いての出演。第3回下町たいとう親善大使。聖徳大学講師。日本声楽アカデミー会員。

小田桐 貴樹 (ベロ神大司祭)
昭和音楽大学卒業。日本オペラ振興会オペラ歌手育成部修了。1998年昭和音楽大学オペラ「愛の妙薬」ドゥルカマーラ役でデビュー。2009年下八川助成金を得てフィレンツェに留学。本物の舞台芸術公演「魔笛」ザラストロ、日生劇場「ラ・ボエーム」アルチンドロ役等に出演。山田祥雄、折江忠道の各氏に師事。藤原歌劇団団員。昭和音楽大学講師。

村田 耕太郎 (アブダッロ)
東京都八王子市出身。洗足学園音楽大学音楽学部声楽コース卒業後、同大学院音楽研究科声楽専攻を修了。大学院在籍時に、歌劇「カーニヴァルの木曜日」のエルネスト役にてオペラデビュー。これまでに「コジ・ファン・トゥッテ」フェランド、「愛の妙薬」ネモリーノ、「魔笛」モノスタトス、「蝶々夫人」ゴロー、その他数多くの歌劇に出演。今までにウィリアム・マッテウッツィ、レナート・パルンボ、牧野正人、田村佳子の各氏に師事。フィオーレオペラ協会会員。洗足学園音楽大学演奏補助要員。

宮埜 舞 (アンナ)
岡山県瀬戸内市出身。広島大学教育学部音楽文化系コース卒業、同大学院を声楽専攻で修了。同大学院在学中にアメリカのフロリダ州立大学に留学。現在は東京メトロポリタンオペラ財団スターファーム一期生としてオペラの研鑽を積んでいる。2015年ジュリアード音楽院オーディションファイナリスト、第35回飯塚新人音楽コンクール入選。これまでに声楽をマルチェッラ・レアーレ、松永光紗、安東由華の各氏に師事。

関連記事

  1. 「ナブッコ」出演者のご紹介―7月8日(日)

  2. アーリドラーテ 友の会 発足のご案内

  3. 第6回公演「ナブッコ」御礼

  4. 第6回公演「ナブッコ」ーチケット販売・当日券について

  5. 平成29年度 日本照明家協会 優秀賞 受賞

PAGE TOP